子供の反対咬合(受け口)治療記 その後2

変化があまりありませんでしたので更新をすっかりさぼっていましたが、久々に写真を撮ってみました。よく見てみると少し変化していることが分かります。乳歯の反対咬合が自然に治ってゆくか、何か治療の介入が必要か。経過を見てみたいです。特に治療の介入をせずに変化してきているところがポイントですね。

平成30年1月

DSC_0015

 

 

平成28年6月

DSC_0645

 

子供の矯正歯科は名古屋市昭和区ごきそ歯科医院へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ